アルカリ洗浄液の強さの種類

  • 熱交換器とはどういうものか、今後の展開

    • 熱交換器はエアコンの室内機、冷蔵庫、自動車のラジエーターなどの一般家庭で使用される製品でも使われているユニットです。


      簡単に言うと、温度の高い流体から低い流体へ熱を移動させる機器のことで、冷却するユニットです。

      評価の高い熱交換器の情報サイトが便利です。

      これは液体や気体などの流体を用いて効率的に熱エネルギーを交換することで、冷却したり、加熱する用途で使います。
      熱交換器の主な種類としては、プレート式があります。



      これは伝熱板となる凹凸にプレスされた金属の板を重ね合わせて、温度差のある流体を交互に流すものです。

      シェル・チューブ式も一般的で、これは円筒形をしたシェルと呼ばれるものの中に細い電熱管が複数本、入っています。これにより異なる温度の流体を流すことで熱交換が行われます。

      フィンチューブ式もあって、これは伝熱管に伝熱板を取り付け、伝熱面積を増やしたものです。伝熱管内に液媒体を流し、チューブ外面と差し込んだフィンにガス体を当てて熱交換させる方式です。熱交換器は一般電気製品でも使われていますが、産業用としても多用されます。



      主なものはボイラー、油圧プレス装置、食品・化学薬品製造工程における冷却・加熱・冷蔵装置、半導体製造工程、液晶パネル製造工程、自動車製造工程などの空調用などです。
      今後、熱交換器にはさらに高い効率が求められます。

      熱交換器の性能とは、コンパクトでありながら熱交換効率がよいものでありますから、これは伝熱面積をいかに増やすかにかかってきます。

      それからメンテナンスの問題もあります。

      長期使用していますと金属製品の宿命ともいえる熱膨張があり、伸縮があります。これが原因で液媒体の漏れ(リーク)が発生し、諸トラブルの元となります。
      また内部配管の異物付着も問題となることがあり、熱交換効率を低下させるものでもありますから、その定期除去の問題も課題となっています。