アルカリ洗浄液の強さの種類

  • 熱交換器での省エネ実現

    • 日本の工場の多くは設備の大小はありますが、ボイラー設備を持っています。
      ボイラー設備は、水を熱して蒸気を作り出します。


      蒸気の熱を使って暖房を行ったり、消毒を行ったりします。

      熱交換器に今、注目が集まっています。

      また、蒸気になると堆積は膨張します。


      その力を利用していろいろな動力として利用したりします。
      昔の蒸気機関車から始まり、火力発電所、原子力発電所などの発電機が相当します。ボイラー設備で水を熱して蒸気を作り出しますが、発電機を回した後の蒸気、水はまだ高温の状態です。

      蒸気ですと100度以上ですし、水でも焼けどするほどの高温の水です。
      1度利用した、蒸気、熱水を捨ててしまうこともできますが、その熱でボイラーに供給する熱を温めたりします。


      高温の熱でもって冷たいものを温めて熱エネルギーを交換するシステムが熱交換システムです。

      そしてそれを実現する機器が熱交換器になります。
      熱交換器は熱エネルギーが高温の物体から低温の物体へ熱が移動する原理を使い、物を温めたり冷却したりします。



      ボイラー設備では水を温めるために使われています。熱交換器を利用することで温度を上げるエネルギーが少なくてすみます。



      エネルギーが少ないということは、ボイラーで使う都市ガス、重油、軽油などのエネルギーが少なくてすむので省エネが実現できます。
      温めた熱をムダに捨てるとエネルギーの損失になりますが、熱交換器を使うことで、工場だけでなく家庭、ビル、病院、公共施設などいろんなところで利用されています。